EFL メモ(EFL memo)

EFL のメモ用、Tizen もあるよ。(Memo for EFL, Sometimes Tizen )

プログラムのテストに使えるマルチメディア系データ

はじめに

画像や動画などのマルチメディア系データのテストデータの用意は面倒な作業に加えて、往々にして(著作権的な意味やプライベート的な意味で)公で使用できないデータを使うことが多くなりがちで差し替えなどで不要なコストが多く発生します。

そんなわけでして、公の場で使用できるマルチメディア系なテストデータについて調査してメモします。

前準備

マルチメディア系データを変更や閲覧するソフトウェアを入れておく。

sudo apt-get install wget imagemagick ffmpeg
sudo apt-get install lame vorbis-tools faac timidity++ flac

テスト用マルチメディア系データ

フォントファイル

マルチメディア系データとは言いがたいんですが、気がつくとフォントデータをよく探しているのでメモします。
VL Gothic Font Family が良いです。
ダウンロード - VLゴシックフォントファミリ (ブイエルゴシックフォントファミリ) - SourceForge.JP から取得可能です。

wget 'http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=iij&f=%2Fvlgothic%2F57344%2FVLGothic-20121109.tar.bz2'
tar xvf redir.php\?m=iij\&f=%2Fvlgothic%2F57344%2FVLGothic-20121109.tar.bz2
(VLGothic/VL-PGothic-Regular.ttf あり)

画像ファイル

画像データといったらレナです。
レナについては
The Rest of the Lenna Storywikipediaの記事を参照してください。

オリジナルのファイルフォーマットは tiff で、解像度は 512x512 です。
他のフォーマットがほしいときには convert コマンドで変換しましょう。
以下のコマンドは jpg, png, gif を取得する場合です。

wget http://www.cs.cmu.edu/~chuck/lennapg/lena_std.tif
convert lena_std.tif lena_std.jpg 
convert lena_std.tif lena_std.png
convert lena_std.tif lena_std.gif
ユニークな画像を複数作成

convert コマンドで画像にフォントが描画できます。その機能を利用してユニークな画像ファイルを作ります。
フォントは上記した VLGothic を使用します。

10 枚のユニークな画像作成方法です。

for i in `seq 1 10`; 
do
num=`printf %05d $i`
convert -fill black -font /path/to/VLGothic/VL-Gothic-Regular.ttf -pointsize 64 -draw "text 50,50 \"$num\"" ./lena_std.tif ./lena_std_$num.png
done

ファイル名が異なり、チェックサムが異なり、そして人にとっても見た目で区別しやすい png ファイルが10枚作成されます。
seq コマンドの第二引数を変更すると作成する画像の数を変更できます。

動画ファイル

big buck bunnyCreative Commons Attribution 3.0 に準拠していて扱いやすいです。
ダウンロードページには 1920x1080(Full-HD), 1280x720(Half-HD), 854x480(480p) の解像度の動画が用意されていて、ファイルタイプは MP4, H.264, OGG, MSMP4 がそろっています。

以下のコマンドは 854x480 の MP4, H.264, OGG, MSMP4 をダウンロードする場合です。

wget http://download.blender.org/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_480p_surround-fix.avi
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_480p_h264.mov
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_480p_stereo.ogg
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_480p_stereo.avi

以下のコマンドは 1280x720 の MP4, H.264, OGG, MSMP4 をダウンロードする場合です。

wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_720p_surround.avi
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_720p_h264.mov
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_720p_stereo.ogg
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_720p_stereo.avi

以下のコマンドは 1920x1080 の MP4, H.264, OGG, MSMP4 をダウンロードする場合です。

wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_1080p_surround.avi
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_1080p_h264.mov
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_1080p_stereo.ogg
wget http://mirror.bigbuckbunny.de/peach/bigbuckbunny_movies/big_buck_bunny_1080p_stereo.avi

動画の変換には ffmpeg を用います。
が、動画フォーマットが大体揃っていてまだ変換の必要がないので変換していません。(^^;

音声ファイル

(たかぎさん thx!)
著作権が消滅した楽曲を midi 化しているサイトがあります。
そこから midi をダウンロードして、timidity にて wav へ変換します。
wav を基に mp3, aac, ogg, flacエンコードします。(wma も欲しいけど Windows 環境じゃないとエンコードできない…。)

wget http://www.freemid.jp/syometu/abe.mid
timidity -Ow abe.mid (abe.wav が生成される)
lame abe.wav
faac abe.wav
oggenc abe.wav
flac abe.wav

おわりに

テストデータについてまとめておきたいので随時更新予定です。
OpenGL とか WebGL などのテストコンテンツとかもないですかね?