EFL メモ(EFL memo)

EFL のメモ用、Tizen もあるよ。(Memo for EFL, Sometimes Tizen )

elementary のビルド

はじめに

ここでは Elementary のビルド方法について記述します。
Elementary は EFL のウィジットライブラリです。
Elementary は見た目が派手(アイキャンディー)な GUI アプリの作成を補助するライブラリです。ぜひ入れて遊んでみたいですよね。

Elementary をインストールするターゲットとして ubuntu 11.04 を前提で記述しています。
同じ手順で ubuntu 11.10 と ubuntu 12.04、そして ubuntu 12.10 へインストールができる確認できていますが、なにか問題が発生した場合はコメント欄などでお知らせくださいね。

依存 EFL ライブラリのインストール

Elementary は Enlightenment が依存する EFL のライブラリ群に依存しています。

Enlightenment をインストールしていない場合は Enlightenment-svn を入れる - EFL メモ を参考にインストールしてください。

EFLWebkit のビルド

Elementary は HTML をレンダリングするウィジットもあります。
HTML をレンダリングウィジットは EFLWebkit に依存しているので、EFLWebKit をビルドする必要があります。

…と考えていたのですが ubuntu でのビルドが面倒だったので後で調べて報告します。

ウィジット拡張用 EFL ライブラリの依存ライブラリのインストール

Elementary で使用できるウィジットの種類を増やすために、ウィジット拡張に必要な EFL ライブラリが依存しているライブラリをインストールします。

sudo apt-get install libicu-dev libxslt1-dev libsqlite3-dev
sudo apt-get install gperf bison flex libjpeg62-dev libpng12-dev
sudo apt-get install libxt-dev libfontconfig1-dev libcairo2-dev libfreetype6-dev
sudo apt-get install libglib2.0-dev glib-networking libgl1-mesa-dev libsoup2.4-dev
sudo apt-get install libgstreamer0.10-dev libgstreamer-plugins-base0.10-dev cmake

build_elm.sh 作成

Elementary ビルド用スクリプト build_elm.sh を作成します。
以下のスクリプトを build_elm.sh というファイル名で保存してください。

#!/bin/sh
set -e
E_ROOT=`pwd`
LANG=C
LC_ALL=C
PREFIX="/usr/local"
PROJECTS="\
PROTO/libeweather PROTO/emap emotion ethumb elementary"
OPT="--prefix=$PREFIX"
PKG_CONFIG_PATH="$PREFIX/lib/pkgconfig:$PKG_CONFIG_PATH"
PATH="$PREFIX/bin:$PATH"
LD_LIBRARY_PATH="$PREFIX/lib:$LD_LIBRARY_PATH"
for PROJ in $PROJECTS; do
echo "build $PROJ"
cd $PROJ
make clean distclean || true
./autogen.sh $OPT
make -j2
sudo make install
cd $E_ROOT
sudo ldconfig
done

保存した後に実行権限を与えます。
build_elm.sh を e をチェックアウトしたディレクトリに格納してください。

chmod +x build_elm.sh
mv build_elm.sh ${e のソースを置いたパス}/e

build_elm.sh を実行

e に入って build_elm.sh を実行してください。

% cd ${e のソースを置いたパス}/e
% ./build_elm.sh

/usr/local 以下に libeweather emap ethumb emotion elementary がインストールされます。

elementary_test の実行

Elementary のウィジットの動作をテストする elementary_test でウィジットの種類を見てみてください。

/usr/local/bin/elementary_test

スクリーンショットは後ほど載せます…。

おわりに

(2012/12/10 追記)
Elementary のインストール方法について報告しました。

Elementary と EFL を python で使えるようにできる python バインディングのインストール方法は下記を参照してください。
EFL の python バインディングのインストール - EFL メモ